TOP > スタジオ訪問 >  vol10. 山手バレエ・ハウス

井脇幸江balletStudio

パタリロ

魔夜峰央先生 プロフィール

魔夜 峰央(まや みねお、本名 山田 峰夫)漫画家。 1973年「見知らぬ訪問者」でデビュー。 代表作に現在も続く長寿人気コミック「パタリロ!」をはじめ、「面白半分個」、「妖怪始末人トラウマ」、「横須賀ロビン」、子育てエッセイマンガ「親バカ日誌」などがある。 妻である山田芳実先生のバレエスタジオでレッスンを始めて13年。最近ではポワントレッスンにも挑戦し、2010年の発表会では「瀕死の白鳥」を披露した。

Lesson

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタジオのみどころ

大人のクラスの前に希望者はポアントレッスンが受けられます。また、ヴァリエーションクラスもあり、一ヶ月かけて一つの曲をマスターしていきます。 今回は「ゼンツァーノの花祭り」でした。 隔週で、美容ストレッチクラスも行われています。大人からのバレエの人を十分満足させてくれる盛りだくさんのメニューがあります。

Interview & Pas de deux

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

山手バレエ・ハウス

あの魔夜峰央さんがレッスンしているということでワクワクしていましたが、レッスン中の魔夜さんは真剣そのものでした。 ポアントレッスンから始めると、二時間半近くもありましたが、生徒さんはハーハーいいながらも心から踊ることを楽しんでいました。 一回のレッスンで、ポアント+ストレッチ+バー、センター+ヴァリエーション これだけ盛りだくさんのメニューをレッスンできるなんて生徒さんは幸せ!おまけに山田先生のお手本がきれいでわかりやすい。
ほんとうに大人からのバレエの人が楽しめるように、バレエが心から好きになるよう考えぬかれたクラスでした。 ご夫婦のパ・ド・ドゥは言うまでもありません。今回は、バレエだけではなく、夫婦仲良くするための秘訣をも山田先生に教わりました。 ほんとうに楽しいクラスでした!M

リストに戻る