TOP > スタジオ訪問 > vol7. 美和クラシックバレエ

井脇幸江balletStudio

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

所在地
〒201-0004 東京都狛江市岩戸北3-20-15 B1F
TEL
03-3489-3567
http://miwaballet.sakuraweb.com/ballet/
最寄り駅
小田急線 狛江駅 徒歩5分
スタジオフォト

一生追いつかないかもしれないけれど、
できるかぎりやろうとしてみよう

「美和クラシックバレエ」は、元東京バレエ団ソリスト・太田美和先生が、出身である東京狛江の地に2006年から開設したスタジオです。 子どもから大人まで約70名の生徒が通います。
先生の持ち前の明るさとサービス精神で、ときどき混じる冗談に笑いも起きる楽しいレッスン。でも楽しいなかにも決して妥協は許しません。つま先のその先、骨盤を立てること、アンデオール、手の通り道などなど、細かいところまで際限なく注意がとびます。しかも形だけでなく、それを動きとして踊りとしてつなぐこと、音楽を表現することまで。要求はどこまでも高いのです。
その高い要求に対して、「すぐにはできないかもしれないけれど、一生追いつかないかもしれないけれど、できるかぎりやろうとしてみよう」と、そんなふうにバレエと向き合う、誠実で熱い生徒さんの姿勢が伝わってきました。
“きちんとしている”。
このスタジオの生徒さんの踊りを表現するのに、この言葉がいちばんぴったり。足は上がらなくてもラインがきれいだったら、回れなくても最後をきっちり5番におさめたら、それだけで印象が違います。アームスも足元も正しいポジションを守るからこそ、見る人に好感を持たれる踊りになるのです。

 

子どもでも大人でも、本物を知って少しでも近づいてほしい

年に1回から2回は舞台の機会があるのも特色。その舞台を観て「私もここで習いたい!」と体験にくる人も少なくないのだとか。
「もちろん私自身も舞台が好きだし、熱心にレッスンしている生徒さんが多いので、1回でも多くステージでの感覚を楽しんで欲しいです。バレエは見せる芸術ですから」(太田先生)
 世界の舞台を踏んできた一流バレエ団経験者だからこそ教えられる、舞台での見せ方やステージマナーなども、リハーサルを通して学ぶことができます。
「子どもでも大人でも、本物を知って少しでも近づいてほしい」そんな先生の熱い思いと、「本物を知って少しでも上達したい」そんな生徒さんの熱い思いが溢れる、熱い! 暑い! スタジオでした。

 

スタッフ日記

今まで訪問したなかで、いちばん楽しいレッスンだった。でもこの先生、面白いだけじゃなくて、すごい。お手本もきれいだし、しゃべりながらくるくると3回転回ったときには思わず「おおっ」とのけぞってしまった。レッスン後には次の舞台に向けて生徒さんが自主的に練習していて、面白そうなので思わずカメラを回してしまった。載せられなくて残念。でも、バレエって楽しいんだなあ。(カメラマンN)

リストに戻る