TOP > スタジオ訪問 > vol4. 伊与田バレエスタジオ 

井脇幸江balletStudio

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

所在地
〒237-0064 神奈川県横須賀市追浜町1-37(追浜スタジオ)
※岡村スタジオもあり
TEL
046-865-8070
http://www.asa-twinkle.com/
最寄り駅
京浜急行線 追浜駅 徒歩7分
スタジオフォト

老若男女すべての人がバレエに触れることができるように

京浜急行線追浜駅から国道16号沿いを歩くと、伊与田バレエスタジオの大きな丸い外観が見えてきます。1974年から伊与田あさ子先生が主宰するこのスタジオには、子どもから大人まで大勢の生徒さんが通います。 プロをめざす人も、趣味で楽しむ人も、体の不自由な人も、 老若男女すべての人がバレエに触れることができるよう、数多くのクラスが設けられています。レッスンの振替も自由で、たとえば1ヶ月は休んで翌月に2ヶ月分をまとめて受講することなども可能です。

 

首から肩のあたりには,その人の生き方が表れます

追浜スタジオには大小2つのスタジオがあり、自習や振り付けの同時進行が可能です。また、床は足腰にやさしいバレエ専用の床材を使用しており、恵まれた環境です。 そんなスタジオで行われるレッスンは、いつも伊与田先生の歯切れのよい元気な声が響きます。

レッスンで強調されていたのは“ 軸にのる”こと。片手バーの一方向でも両足を使ったり、通常は右向き→左向きのところを左向きからスタートしたりと、どんな場合でも重心の移動に対応できるような訓練になっています。

 また、首から肩、背中にかけての上体のラインがとくに大切に指導されていました。 「首から肩のあたりには、その人の生き方が表れます。ここの美しさは大人ならでは。人生経験を積んだ大人の優雅さには、どんなにテクニックのあるジュニアも叶いません」(伊与田先生)

確かに、脚を高く上げたり、ピルエットを何回転も回るのは無理でも、肩を下げて首を伸ばすことならできます。一つのポーズだけでも“美しさ”に近づくことはできるはず。そんな希望が湧いてきます。



これからもすべての人に開かれたスタジオでありたい

また、伊与田先生は説明にブロックや紙などの物を使って視覚的な理解を促します。 「先生の説明は初心者にもわかりやすく、ときどき雑談もあったりしておもしろいです」と生徒さんにも大好評です。 
生徒さんは「バレエが最優先! 仕事が忙しくても、この日は絶対バレエに行くからこれまでに終わらせる! と集中して取り組めます。好きなことなので、疲れもあまり感じないんですよね(笑)」と、皆さん楽しくかつ真剣にバレエと向き合っています。

「社会的な肩書きのある方も、ここへきたら一生徒。徹底した学ぶ姿勢は立派だと思います」と伊与田先生も生徒さんには普段から尊敬の念をもって接しています。

 そんな生徒さんにとって、発表会も大きな励みになっているようです。2年に一度の発表会では毎回、原作にオリジナルの配役を組み入れた伊与田バレエスタジオ版の全幕作品に取り組んでいます。ベビーから大人まで、全員で一つの作品を創り上げます。こうした機会があることで、「いいお手本が身近にあるので勉強になります」「中学生から教えてもらったりするんですよ」と、世代を超えて交流が広がることを喜ぶ声も多く聞かれました。 コンクールで受賞するようなプロ級の人から始めたばかりの人まで、 全てのクラスの生徒さんが同じ舞台に立つことで、お互いに刺激し合い、一体感が生まれます。その姿に、客席も舞台袖も感動の涙、涙……。このスタジオでは、いろいろな環境の人が一緒にいるのがとても自然なことです。だから街でも困っている人がいたらさっと手を差し延べることができます。生徒さんは、バレエを通じて社会性や真に豊かな心を育む機会にも恵まれているのです。 「これからもすべての人に開かれたスタジオでありたい」と語る伊与田先生。その温かなまなざしは、どの生徒にも同じように注がれています。

 

スタッフ日記
今回は、カメラマンのS子ちゃんが体調不良でダウン。ピンチヒッターで行ってきました。 まず、驚いたのは大人からのバレエの生徒さんの多いこと。それもきっちりお稽古されている方が。 生徒さん達は、下のウォーミングアップルームで柔軟をしてレッスンに入っていく。先生は、「○○さん」と敬意を表して名前を呼んでいく。 大事にされているという信頼感があるせいか、緊張感の中にも優しい空気が流れ、見ている方もとても気持がいい。 また、先生の説明がわかりやすい!論理的に説明してくれるので、納得してからだが動いてしまうって感じ。 伊与田先生の細部まできっちりとわかりやすく伝えるという精神が、あらゆる所にでていたお稽古でした。(ピンチヒッター M) 追伸:先生は、長年にわたり、舞踊教育発展に貢献されたということで、2010年6月に 財団法人松山バレエ団顕彰「教育賞」を受賞されました。

リストに戻る