大人からのバレエ推進委員会監修

私のバレエライフ
第17回 梅津 和子さん

Bejart Ballet Lausanne Japntour 2010

バレエスタジオ リビーナは、ロシアスタイルのオープンクラススタジオです。 ロシア人講師から、本格的なワガノワメソッドが学べます。 正しい技法と良質のワガノワメソッドを提供することを目的としています。

ロシアバレエに興味のある方。 ワガノワメソッドを学びたい方。 大人から始めた方。 生徒に正しく教えたい方。 細かい指導を受ける機会が少ない方… デュエットクラスもあり、男性歓迎です!!

Bejart Ballet Lausanne Japntour 2010
〒107-0061 港区北青山3-5-25 表参道ビル 4F アートスペース 5F バレエスタジオ (東京メトロ表参道駅A3出口すぐ)

リビーナ Homepage

Bejart Ballet Lausanne Japntour 2010

こんなに素晴らしい世界がこの世の中にあったのか!

私は現在、バレエスタジオ リビーナで社員として働いています。 でもここへ来るまではバレエとはまったく無縁の人生で…。 習ったことはもちろん、舞台をまともに観たことすらありませんでした。

リビーナのスタッフは代表の宮澤さゆりさんと私の二人だけなのですが、宮澤さんはロシアバレエ一筋で生きてこられた方ですから、 その豊富な知識と経験を仕事の合間にいろいろ聞かせてもらううちに、ロシアバレエ・ワガノワメソッドの、その奥深い魅力に引き込まれていきました。 マリインスキー劇場の白鳥の湖のDVDを初めて観たとき、バレリーナ達のあまりにも軽やかであまりにも美しい動きに、本当に涙が出るほど感動しました。 こんなに素晴らしい世界がこの世の中にあったのか!と。 でも日本では正しいワガノワメソッドの知識はあまり知られていないということも知り、これは多くの人に宣伝しなくては!と思うようになりました。

Bejart Ballet Lausanne Japntour 2010

ロシアバレエの精神に流れる、
尽きることのない美しさへの追求心


「大人からでもできるから、和子さんもぜひ習ってみてください。」と宮澤さんは言ってくれましたが、私は子供の時からすごーく体が固かったので、はじめは躊躇しました。 でも「体の固さは関係ない。大切なのは正しい姿勢で、正しい筋肉を使うことです。」と言われ、「え!?そうなのか!?」と、カルチャーショックを受けました。 素人ながらも自分が今まで思っていたバレエのイメージと、宮澤さんから聞くバレエの世界はあまりにも違っていました。 多くの方に伝えるためにも、これはまず自分の体で試してみないと何も言えないなーと思い、勇気を出して習ってみることにしました。

リビーナの講師は全員ロシア人の方で、ワガノワバレエアカデミー出身の先生も何名かおります。 全員プロのダンサー出身ですから、身体も動きも大変美しく、はじめは先生達を見ているだけでも満足でした。 先生の動きや言葉から、ロシアバレエの精神に流れる、尽きることのない美しさへの追求心を感じ、本当に素晴らしいなあと感動しました。

Bejart Ballet Lausanne Japntour 2010

自分はなんて恵まれているのだろうと
日々感じています。


でも、まるっきり初心者の私は、足の動きも順番も、はじめはなにがなんだか全くわからず、 ロシアバレエも先生達も本当に素晴らしいけど、自分はこんなんで本当に上達できるのだろうか?と、不安な気持を抱えはじめました。 その頃、リビーナ常任講師のヴャチェスラフ・イリイン先生による、教授法クラスが開講されることになりました。 ロシアバレエのワガノワメソッドは、教授法(バレエの教え方)が全てカリキュラムによって厳密に決められており、教師はその教授法に基づいて生徒達に基礎から教えていきます。 ワガノワバレエアカデミーの教授法資格を持っているヴャチェスラフ先生が、教授法によるバレエを大人にも教えてくれるという、夢のようなクラスなのです。 教授法クラスは毎週火・木の午後2時からで、私にとっては実は勤務時間中なのですが、宮澤さんは「ぜひ教授法を理解してほしい」と、レッスンに入ることを勧めてくれました。 私にとって、本当にありがたい上司であり、バレエの大先輩であり、自分はなんて恵まれているのだろうと日々感じています。

Bejart Ballet Lausanne Japntour 2010

動きの、理論・発展性・目的までキッチリ説明されます

ワガノワの教授法は、理論的・解剖学的にも緻密に計算されていて、どんなレッスンをすれば使うべき筋肉が育つのか、筋肉のより発展的な使い方、 顔や手の動きのタイミング、目線や意識の持っていき方など、本当に細かいところまで指導されます。 それによって、生徒自身が正しい動きを理解し、意識し、コントロールできるように育てていくのが目的です。 今まで訳もわからずにやっていた動きの、理論・発展性・目的までキッチリ説明されますから、レッスンのたびに目からウロコ状態です。

自分の体を自在にコントロールし、複雑なバレエの動きをマスターするのは本当に困難な技です。 でも大切なのは、今すぐ完璧にできなくても、正しいレッスンを続けることによって、正しい筋肉を少しずつ養っていくことなのだと教わりました。 私の体も、本当に少しずつですが、始めたばかりの頃から比べたら、随分柔らかくなり、筋肉もつき、レッスンでも疲れにくくなりました。 更に、バレエは自分との戦いですから、厳しいレッスンに耐えることで、精神的な軸もかなり鍛えられたと感じます。 もちろん、理想のバレエはとても到達できないほど高い雲の上ですが、それでもそこに1mmでも近づけることは大きな喜びです。

バレエは人生だなーと思います

宮澤さんをはじめ、ヴャチェスラフ先生、その他の先生方、リビーナの生徒さん達との関わりの中でも、本当にたくさんの学びがあります。 まさに、バレエは人生だなーと思います。 私にとって、リビーナで働き、バレエを習うことは、身に余るような恩恵なのですが、少しでも多くの方にバレエの喜びを知ってもらえるように、 今後も、レッスンも仕事も共に頑張っていきたいと思います。

リストへ戻る

ワガノワ・メソッド ロシア・バレエクラス [DVD]

Vaganova Academy of Russian Ballet

BMP1 MUSIQUES バレエレッスンピアノ曲集 鈴木登作曲

バレエをやりたい!

ニューヨーク ジョフリー・バレエスクール・大人からのバレエ