大人からのバレエ推進委員会監修

中村みちえコラム

中村みちえ

翻訳家

バレエ愛好家

著書「ニューヨーク ジョフリー・バレエスクール 大人からのバレエ」

第6回『バランセ盆ダンス』

ジャパニーズ・ソウルダンス

夏といえば盆踊り、言わずと知れたジャパニーズ・ソウルダンス。誰に教わるでもなく自然と形がさまになるから不思議です。でもそれがほかの踊りにまで波及してしまうのはどうしたものでしょう。 優雅で美しいワルツはバレエの大切な要素のひとつです。3拍子のリズムに手足がうまく連動してこそワルツですが、なにかが間違うと「これのどこがバレエ?」と頭を抱えるはめになります。 以下はじつに楽しいダンスの映像ですが、まずは3分25秒のところを見ていただきたいと思います。「日本人が一番好きな形」として紹介されている、わたしたちには大変なじみ深い動きです。

盆踊りとワルツは洋の東西で双子の関係

この腕づかい、足さばき、回転…「ずんちゃあ」のリズムを「ズンチャッチャ」に変えれば、先ほどのバランセ・アントールナンになりそう。盆踊りとワルツは洋の東西で双子の関係にあったんですね。 それしてもコンドルズの近藤さん、堂々として素敵。決して笑わない目にぞくりときます。 わたしはひとつの映像が気に入ると、百回でも二百回でも飽きずに観る習癖があります。いまはこれ。

リストへ戻る