大人からのバレエ推進委員会監修

中村みちえコラム

中村みちえ

翻訳家

バレエ愛好家

著書「ニューヨーク ジョフリー・バレエスクール 大人からのバレエ」

第5回 コンテンポラリー・ダンス

ローザンヌの中継を最後まで観ました

今年初めてローザンヌの中継を最後まで観ました。興味深かったのはコンテンポラリー部門、なにせバレエはするのも観るのも初心者ですので、 なるほどこれがコンテと呼ばれるものなのかと思いました。 とくに、2番目に登場する男性には目がくぎづけになりました。言いようのない不安、 やむにやまれぬ衝動のようなものを感じ、体でこの音を表したらきっとこうなるんじゃないかと思いました。

Smoke 1/3

彼はルイスターナーさんといい、今度付属の学校からバーミンガムロイヤル・バレエ団に入ることが決まったそうです。ダンサー時代のビントレー芸術監督を彷彿とさせるものがあり、とても楽しみです。 こういうときは不思議な縁に導かれるというか、図書館でふとこんな本に巡り合いました。『どうせダンスなんか観ないんだろう!?激録コンテンポラリー・ダンス』 (乗越たかお著  NTT出版)です。 「マイルドにケンカを売る」という姿勢の本で、「わからないという理解の仕方」もあることを教えてもらいました。ちなみに、なんだかよくわからないけどおもしろいなと思ったのは、マッツ・エックという人でした。

リストへ戻る